必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

栄養過多

昨日、平均株価は小動きの中で注目のジュピターやフェイスを始め、保有株が皆良く上がり、盆と正月が一緒に来た感じとなりました。←古い!(笑)
ただ、見通しとしては余り変わらず、景気敏感株は今後も避けていきますし、急上昇するようなら、今回は投資金額の多いジュピターも大部分は売るつもりです。
無論数字的には4-6月の数字が出終わったばかりですから、第2四半期の数字が固まり、半期予想の数字が出てくるまででも、まだ1-2ヶ月は有ります。
そのため相場が大きく動くには材料不足で当面は外部要因としての世界情勢や、経済指標、動き始めた選挙の動向に左右されそうです。
また15日初めて国内で死者が出た新型インフルエンザは夏の間、確実に患者を増やしつつあり、秋風が本格的に吹く頃には、夏の長雨の結果と共に、景気にとっての悪影響が懸念されます。
失業率を高めながら、冬のボーナスの一段減が予想される状態で個人消費が直ぐに回復するはずもなく、政権交代が実現しても、株が上がるような政策も当分は期待できませんし、第一政治がマトモに動くかどうかが怪しいです。
しかしまあ季節はもう秋です。
逃げ足には自信があるので、ゴチャゴチャ考えずに、今が冬に向けて栄養を蓄える時だと割り切って考えるとしましょう。(^.^)
腹の贅肉はため過ぎだろ。(ーー;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です