必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

横這いの中

4-6月の回復期の数字の発表が終わったものの、横這い期である7-9月の数字が出るのはまだ3ケ月も先の事です。
また、全体の相場観も極端な偏りがなく、輸出関連株は空売り残も高水準です。
こうなると、相場的には気迷いになりやすく、発表される材料に一気一優することになりますが、企業の第一四半期決算も先週で終わり、今週は8時50分に発表される日本のGDP速報や、米住宅関連指数がメインとなりそうです。
警戒していた米銀の倒産も今年最大とは言え、いわゆる金・月処理でマーケットに驚きをもたらすものではなく、週末の米国が下がったのは消費者信頼感指数の低迷を嫌気したものでした。
ただし問題なのは日本もこれから出てくる7月以降の、月次の数字が良いとは思われない事です。
これはやはり世界不況に加え、長雨に祟られたことが大きく、夏場のレジャー需要を大きく減らしたからです。
また景気刺激策である筈の、高速道路1000円乗り放題も、車だと多くの荷物を持てるので、必要なものは家から持って行き、ガソリンの需要は増えても、他の消費は返って減らします。
従って、今後出てくる数字は年末に向かうほど悪くなると見るべきで、来月民主党政権が誕生したら好調だった薄型テレビや、エコカーも需要の先食いが気になってきますし、期待の星だった中国株にも変調が見られます。
こうなると、今後は良く解らないものや、見通しの悪いものを買い上がるのは無理で、今後買われるのはやはり見通しの良いものや、現実に数字の良い会社、または信用取組みのよい仕手株で、全体としては弱含みの予想です。
従って株を買うなら数字の良い内需株の押し目を狙うべきで、此処までの主力である輸出関連の押し目に手を出すのは危険だと思っています。(^.^)
なんだ又ジュピターの宣伝か! (ーー;)
ジュピターは今日あたり発表になるであろう7月末加入率に注目しています。(^.^)

4 Comments

けんけん

今日も昼寝をよろしくお願いします。
さすがの急騰に反落していますので、4295.
三島は15-17日まで夏祭りでした。
今年は当番町で大忙しのようでしたが、祭り参加者の高齢化がものすごいです。

返信する
astra

こんばんは。
遅くなりましたが、フェイスの急騰おめでとうございます。私の40銘柄くらいあるPFの中で、しばらく下位を低迷していましたが、ここのところの急騰で一挙にベスト5に入ってきました。(下位にいたときに買い増しを結構しましたので、よけい嬉しいです)
さて、平九郎さんの読みと同じく、私もほとんどを内需株にシフトしております。、
民主党政権誕生をにらんで、医療関係の銘柄や、高速道路無料化によって恩恵を受けそうな銘柄を仕込んでいました。
平九郎さん的には、流動性が確保される銘柄を重視されるかと思いますので、投資対象には入らないと思いますが、3733ソフトウェア・サービスや9036東部ネットワークがその代表例です。
その3733が本日、驚異的な月次を発表しました。これで5-7月期(1Q)は増収確実です。
これでしばらくは3733が私のPF第一位銘柄になりそうです。以上、持ち株の宣伝でした(^^;
あ、ジュピターも押し目があれば私も買おうと思ってます。微力ながら、買い支えます(^-^)
`kaz

返信する
heikurou

けんけんさん
すみません、昨日は昼寝が出来ませんでした。(笑)
17日午後は三島駅前に居りました。
外務大臣が三島に来るようでは、自民党の危機感は相当なものです。
負けるにしても健闘しそうな気がしています。

返信する
heikurou

astraさん
お久しぶりです。
お元気そうでなによりです。
平九郎の強気は内需株でも後3ヶ月位だと思います。
その後はまた弱気になりそうで、2番底が来年2月頃だと思っています。
結構集注投資が好きな為、大部分は年内売却を目指して現在は流動性を優先しており、持ち株は15銘柄位ですね。
ここ半年の対処如何で、この先の10年が決まると考えます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です