必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

再度挑戦

昨日お昼寝をしていたら、フェイスが1000円高をしたので、今日もお昼寝をして見ました。
そして、終ってみれば1630円高ですから、お昼寝の効果は絶大です。(^O^)
まあトコトン売り込まれた後ですから、この程度の株価の上げは当然かもしれませんが、良い機会なのでもっと上がるように週末を使って、沢山お昼寝をして見ます。(笑)
馬鹿なことを言っていると、永久に寝ていろと言われそうですが、やはり此処まで相場を先導してきた輸出優良株の相場はこのあたりで終わりだと思っています。
理由はやはり、4-6月の回復期の数字の発表が終わり、相場が回復した数字を織り込んだと思うことと、自動車などは来期以降の需要を先食いした面が強いと考えるからです。
要は4-6月の良い時期の発表が終了し、様子見の時期に入ることと、秋以降の景気を厳しく見ているからですが、信用を利用した空売りも高水準で推移しており、突発的なニュースでもなければ下げにくいことも事実でしょう。
ただ、民主党政権が発足した場合、政策が短期的には株価にはマイナスと捉えられることと、絶対多数を取れるとも思えないので自民党と言う超強力野党の存在で、政策決定が極端に難しくなり、政治が殆ど動かなくなると思われます。
しかも公共事業などは前倒し発注で、9月までに80%は予算を使ってしまいます。
つまり、その後はまた新たに政策決定がなされないと、それだけで景気が中折れしてしまいます。
そんな中、大企業は米国需要急減を受けた工場閉鎖などのリストラもまだ達成出来ていませんし、中小企業の雇用を支えていた雇用調整助成金の有効期間もそろそろ終りが近くなりました。
従って政治が助けて来た銘柄の深追いは禁物で、此処からは自助努力で増益が達成できる会社しか注目出来ないと思っています。
まあ結果は秋になれば分かるでしょうが、ジュピターのように上がると思うものは既に買ってある訳ですから当分はお昼寝状態ですね。(^.^)

2 Comments

七つの海

 どうもこんばんは。
 平九郎さんの予想よりも1週間遅れましたが、300以上もの支店を持つ米国の銀行の破綻がありましたね。
 さすがです。

返信する
heikurou

7つの海さん
お褒め頂いて光栄です。
銀行倒産は今後も増えそうですが、今回の件はやはり少し穿ち過ぎでした。
ただ、人気に陰りが出てきたオバマ政権が人質の放置が出来なかったのは事実でしょう。
まあ現実的対応という奴ですね。
しかし、何も無いところから交渉材料を作り出す、北朝鮮の交渉術には、ある意味感心せざるを得ません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です