必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

これか?

報道によりますと、日本オーディオ協会などの音響機器や、コンテンツ関連の4団体が7日「モバイルオーディオ推進協議会」を設立しました。
目的・見通しは
「着メロなど携帯電話など向けの音楽配信サービスが拡大するなか、携帯端末から家庭用オーディオにも簡単に転送して楽しめる環境整備をすすめる」
転送にはブルートゥースを活用しメーカーの異なる機器間でも簡単な操作で対応できるよう、関連団体が協力して技術的なガイドラインを取りまとめる。今秋以降に対応製品が発売される見通し。
とあります。
とこれは、まるでフェイスの「NFRM」の為のような協議会ですが、フェイスは業界の一員として参加していますが、報道を見る限りでは前面に立っているわけでもなさそうです。
無論これだけの業界のまとめ役としては、フェイスでは力不足と思えますし、NFRMと全く同じような技術をソニーも開発していましたから、ソニーが全面に出てくるかもしれませんし、全く他の技術と会社かもしれません。
ただ結論がソニーの技術で纏まろうと、他の会社であろうと結果としてはフェイスの事業にとっては全て追い風と思われるだけに、協議会の推進が期待されます。
最も、ソニーは余りに自社技術での顧客の囲い込み意識が強いため、他のメーカーの警戒心を呼び起こしやすく、中立性のあるフェイスのNFRMが採用される可能性は結構高いと思います。^^
最近平澤氏が有力政治家の資金集めパーテーなどへ顔をだしていたのはこのためだったのかもしれません。
まあどちらに転ぼうとも上記協議会の設立は大歓迎で、この所フェイスが上昇していたのも恐らくこれが材料でしょう。
ウ~ム!これは来年の株主総会は、平澤氏に賞賛の言葉を用意する必要があるかもしれません。(^.^)
もう妄想かよ!!(ーー;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です