必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

織り込み済みと、織り込み過ぎ

昨日フェイスが一時1万円を付けて来ました。
大引けでの大台乗せは果たせませんでしたが、まあ久しぶりの1万円で、保有者からは喜びのメールが多く来ました。(^.^)
ただ、残念ながら今度フェイスの上昇は理由が良く分からず、相場が全く読めません。
「元々読めてないだろう!!」の突っ込みも頂きそうですが、どうも子会社ウェブマネーの上昇だけで考えてよいのか良く解らないのです。(笑)
なにかIRに出ていない事実があるのかも知れませんが、それは調べようもありません。
ただ言える事は、「理由の解らない株高は良い株高」で、株式市場には昔から
「知ったら終い」
 
という格言があるのです。
これは決算発表にも同じ事が言え、キチンと管理された決算なら、発表までは思惑で動いても発表と同時に株価に織り込まれます。
従って、決算が良いか悪いか解らない場合は、決算までの株価動向で判断します。
即ち決算を目指して上げて来た場合は、好決算を予想している訳ですから、予想を大幅に上回らない限り発表後の株価は「織り込み済み」または「織り込み過ぎ」で下げますから、発表前に売ります。
また決算発表前に大きく下げているなら、悪い決算を予想している訳ですから、多少悪くても発表後は上げる事が多く、売るのは控え、反対に発表前に買う事を考えるべきでしょう。
結局決算がどちらかに傾くか解らない場合は分散して、決算前後に売買を分ける事が妥当となりますが、分散すれば当然集注売買に成功した時より成績は落ちます。
どちらを選ぶかは決算数字予想に対する見方と、資金の性格、投資家の性格等で皆違ってきます。
従って結果も全て違うわけで、だからこそ投資は面白いのだと思っています。(^.^)

4 Comments

みみけん

 平九郎さん、こんばんは。
 久しぶりに5桁の株価になりそうですね。
 あまり普段の値動きで、一喜一憂はしないようにしていますが、単純に喜ばしいものですね。
 ぬか喜びにならないように、見守っていきたいものです。

返信する
heikurou

みみけんさん
上がっても下がっても、当分売る気はないのであまり関係ないとも言えますが、やはり上がったほうが良いです。(笑)

返信する
けんけん

わたしは、四半期決算前には一度清算してから買い戻すことにします。
なにかとんでもない発表があったらお陀仏ですが。

返信する
heikurou

けんけんさん
>なにかとんでもない発表があったらお陀仏ですが。
ある日
本日フェイスはマイクロソフトと提携し、今後ウインドウズ最新版には全てNFRMが標準装備されます。(^.^)
と言うのは完全な平九郎の妄想かつ願望ですが、妄想を抱くのは宝くじを買うのと同じで、妄想にこそ価値があるのかもしれません。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です