必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

破綻回避

揉めていたカリフォルニアの均衡予算が今日23日にも成立し28日の破綻は回避されると言います。
しかし、内容を聞けば結構危ない感じで、楽観と先送りの感は否めません。
問題はこれで、債権者が納得するかですが、やはり今回はムリだろうと思っています。
なぜなら、カリフォルニアはすでにオバマ政権が救済しない事を宣言しており、先延ばしして、不確実性を増加させるより、オバマ政権に力のあるうちに片を付けたほうが、債権者にとっても有利だと思われるからです。
また債権者はGMの時と同じく、CDSの形で保険を掛けてあるでしょうし、ここまで待てば、社会的な了解も得られるでしょう。
しかも、27日ー31日には、アメリカ合衆国緊急事態管理庁(FEMA)の非常事態演習が予定されているなどと聞くと、なにやら三国志の時代を思わせます。
古来より演習の名目で兵を動かし、そのまま戦争に突入するのは良くある事ですから、今回の演習がそのまま非常事態宣言に結びつく可能性もありそうです。
やっぱり、なにやらキナ臭い匂いがします。(笑)
株式市場は夏真っ盛りですが、そろそろ海から上がり、服を着る準備をしたほうが良いかも知れませんね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です