必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

反発

昨日は米国ダウ平均が258ドルの急上昇をしました。
予想を上回る企業業績や、鉱工業生産指数の回復で、景気回復の期待感が高まったといいます。
ただ、問題は期待感が高まったから景気が回復する訳ではないことで、政府や、FRB高官が期待感の高まりを積極的に否定しないのは、景気を回復させる立場にあるものが強く否定すれば、回復する芽まで摘んでしまうからです。
現状は、3月までの急激過ぎた落ち込みの反動が出ているだけで、雇用や、生産が本格回復するには程遠い状態です。
また以前から、気にしていたカリフォルニア州の破綻問題も佳境に入ってきたようで、7月10日以降はIOUと呼ばれる州の借用書を銀行が受け取り拒否を始めたといいます。
しかしまあ、時は「夏」、元々楽観的な米国民のことです。
今は夏のバカンスの事しか考えていないかもしれません。(笑)
相場で一番難しいのは、時間の読み方ですが、取り合えず、「夏」と言う事を考えると、まだ暫くは大崩れは無さそうな気がしています。
ただし、来週末あたりから月末にかけて、カリフォルニアはデンジャラスゾーンに入ると思っていますが、まあそれまで、夏を楽しく過ごしましょう。(^^)

2 Comments

みかん

平九郎様:
毎日楽しみに拝見しております。
平九郎様のメモ、わかりやすくて、ためになって、楽しくて、最高です。
いつか沼津の勉強会にお邪魔してお目にかかることを夢見ています。
ご挨拶したくてメールしました。
みかん

返信する
heikurou

みかんさん
亡くなった母がよく、誉められて怒る人はいないと申しておりました。
お陰で平九郎はおだてに大変弱くなりました。(笑)
是非沼津にもお見えください。
大歓迎しますよ。(^^)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です