必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

任天堂

突然ですが、主力銘柄のメガチップスを一部売って、任天堂を買い増ししました。
理由はメモに任天堂の事を書いて直ぐ急落したため、挑戦を受けたと思ったからです。(笑)
まあ正確に書けば、メガチップスは、ゲーム関連という意味では任天堂と同類で、同じような動きをすると思っています。
なら買い換える必要も無さそうですが、今回一部とはいえ、買い替えたのは、任天堂が急落した他に、メガチップスの流動性の問題がありました。
ご存知の方も多いでしょうが、メガチップスは少し株数が纏まると、換金する時に苦労するのですが、任天堂ならその心配は皆無と言ってよいです。
それと、今回の急落が、3月のゲーム機の売上げが落ちたのが理由と言われていますが、ゲーム機はクリスマス商戦が勝敗の殆どを決するため、3月の売上げに意味はないと思えることと、今回の任天堂の下げの主因が以前話した、ヘッジファンドの「ロング・ショート戦略」が又裂きに合っているからだと思えるからです。
割安銘柄を買い、割高銘柄を売る、「ロング・ショート」戦略の場合、空売り銘柄が予想に反して急騰して買い戻した場合、マーケット・リスクが偏るのを避けるため、買い銘柄も反対売買するのが普通です。
従って、その解消となると、「割安株を売る」事になりますから、割安株が異常なほど売り込まれる事になり、他の人が割安株を買うには又とないチャンスとなります。
まあ結果は、『神のみぞ知る』ですが流動性の問題が大きかったので、後悔はしないと思っています。(^^)

1 Comment

勘クロウ

3月でダメならクリスマスもダメでしょ
ビール会社とか夏場が全てだけど、年初の段階で勝負は決まっている

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です