必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

PER

昨日は日経平均が下がったにも係わらず、日経平均の予想PERは上昇しました。
何を言いたいかというと、PER=株価÷一株当たり利益ですから、株価が下がったにも係わらず、PERが上昇したと言う事は、予想利益が下がった事を示しています。
モット簡単に言えば、「減額修正が続いている」と言う事ですが、決算発表自体が始まったばかりですから、この傾向は当分続きます。
そうすると、株価が変わらずでいても、PERは上昇していくことになりますが、この調子だと来週には日経平均のPERは200倍を突破することになるでしょう。
これは平常時が20倍程度である事を考えると、非常な割高感がありますから、株価がこのままで行くのもやはり、無理があります。
従って、収益の改善が未だ見込めない以上、株価は再び調整を余儀なくされます。
桜は散りました。
国際優良株の踏み上げ相場もそろそろ一巡と考えてよいでしょう。
しかし、花には、アヤメもあれば、ツツジもあります。
個人投資家にとって本当に面白いのは、国際優良株の踏み上げで開放された資金が出回るこれからかもしれません。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です