必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

満開

トヨタが180円高、ホンダ260円高と、 今まで売られていた輸出関連株の株価がマド(窓)を空けての急騰を始めました。
マド(窓)と言うのは前日の株価から離れた値段で寄り付き、そのまま株価が上げて、罫線が不連続になる状態を示しますが、典型的な踏み上げ相場の兆候です。
さてこうなると売り方は気が気ではありません。
それも当然で、買いは株価がゼロまでが限界で損失が有限ですが、売りから入った場合は上値は青天井で、際限が無いからです。
記憶では史上最大の踏み上げ相場は2000年のネットバブル時のソフトバンクと光通信で、携帯電話の販売会社だった光通信が確か時価総額7兆円まで行きました。
株価で言えば241000円ですが、その後の暴落も凄まじいもので、2年後は895円と僅か270分の1となりました。
まあ、今回そんなことにはなりませんが、踏みが入るときの相場の変動幅は通常大きなもので、今回も桜の咲いている最中くらいは考えています。
一つ注意するべきだと思えるのは、ヘッジファンドなどで、ロング・ショートと呼ばれる、割安株買いと、空売りを組み合わせた投資法が破綻して、空売り銘柄の踏み上げになると、買っていた割安株もブン投げて来る事があることです。
所謂相場の又裂き状態ですが、今回割安株がさしたる材料もなく突然売られることがあれば、多分そのヘッジファンドの又裂きです。
まあ、踏み上げが終われば、相場は再び、恐いほどの静寂が訪れますが、せっかくの踏み上げによる花見の時期です。
たとえテポドンが飛んできても、楽しく花見をしたいものです。(^^)
踏み上げは今までの収益悪化が激しく、空売りの多く入っていた、自動車や、家電、金融の大型株が中心になりますが、売り方が踏み上げることで、評価損を抱え、身動きの取れなかった多量の資金が開放されます。
そして、その開放された資金が今度は出遅れ銘柄にシャワーのように降り注ぎます。
言ってみれば、満開の後で散る桜の花びらのようなものですが、それもまた楽しいものです。(^^)

5 Comments

PBY元気小僧

こんにちは。4日まで休みなんですが帰ってきました。あー寒かった。沖縄本島より寒いとは思いもしませんでした。踏み上げ相場、平九郎さんの読みドンピシャでしたね。外国人も、この3日間、寄り付きでは買い越しみたいです。G20で、ヘッジファンド受難の時代になりそうですが、活気がなくならなければいいのですが。長い目でみると依然、心配事おおいですね。

返信する
astra

こんばんは。
平九郎さんの読み、さすがです。
今日の文章は爽快なご気分を反映してか、冴え渡っている感じがします。
本文にあった、ヘッジ・ファンドの踏み上げとブン投げについてですが、私の持ち株でも起こってます。
たとえばホンダとメガチップスです。
メガチップスの現在の株価が割安かどうかは意見の分かれるところですが(800円台の時は割安だったと判断しました)、特にさしたる悪材料もないのに、大型株の踏み上げと逆相関で大幅下落。
(メガチップスやフェイスが大株主である新規上場のソケッツの二日連続S安はあまり関係ないと思うのですが・・・)
それにしてもFCCや日信工業など自動車部品関連はS高です。カラ売りしなくてよかったあ、とつくづく思いました。
ということで、メガチップスの買い増しをいつするか悩んでいます(^^:

返信する
heikurou

元気小僧さん
日本は衰退に向かっているという見方があります。
残念ですが反論が難しいです。
あるとすれば元気小僧さんの存在かもしれません。(^^)
両親を大切にして、何時までも元気でいてください。
平九郎

返信する
heikurou

astraさん
売り込まれた個別銘柄に踏み上げが出たのは間違いありませんが、先物での踏みはまだ残っている気がしています。
今回先物が総踏みになるかは難しい所ですが、当分は強いと思っています。
ただ、輸出が以前のように回復するわけではないので、その後も強い企業は限られてきそうですね。
平九郎

返信する
PBY元気小僧

こんばんは。平九郎さんは、冗談にしても僕のこと買いかぶりすぎです。             父親は、もう死にました。かわいがってくれたんですが、親孝行しようにも、、。         ふと沸落レシオながめると、めまいがしてきました。どうしようか悩ましいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です