必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

データ

今が分かる、時代が分かる世界地図(成美堂出版)と言う本を買いました。
ちょっとしたデーター集と世界地図を組み合わせた本で、その中に携帯電話の普及率というのがありました。
それによると、世界の携帯電話の普及率は以下の通りです。
日本―――83.9%--1億733万台
米国―――83.5%--2億5540万台
中国―――41.2%--5億4729万台
ロシア――119.3%--1億7000万台
インド―――20%---2億3362万台
イギリス――118.5%--7199万台
フランス――89.8%---5536万台
これを見て今後、中国やインドの存在感が高まると思うのは、誰でも同じではないでしょうか。
また携帯がインターネットに繋がってきた現在、殆どコストを掛けずに多数の人に届けられる、デジタルコンテンツの重要性は増すばかりだと思います。
最近コンテンツのネット配信の仕組み作りを目指す「フェイス」の保有を増やす事を考えています。(^^)

5 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。かなり戻しましたね。今回買ったものの中で、一部の中国株以外は、長期投資のものがなかったです(他人事のようですが)。この2年間は、こんなやり方ばっかりだったもんで。それで売らないといけないんですが、もし去年と同様になれば今売ると、おいてけぼりで馬鹿みたいですし悩ましいところです。売りは本当にむつかしいです。

返信する
PBY元気小僧

買いはネチネチと買い下がったりして増やすんですが。売りは、感覚というか、もういいと思ったら淡泊に成り行きで全部(半分づつの時もあります)売ることが多いです。後で、良かったーもあるし、くやしい思いすることもあります。平九郎さんは、短期売買用のは、どのようにされるんですか?売りがお得意と聞きました。ぜひ教えてください。

返信する
heikurou

くまさん
伊豆ももう春です。
メガチップスもフェイスも春が来て欲しい物です。(^^)

返信する
heikurou

元気小僧さん
短期の売買で、頭から尻尾まで取ろうと思うのは無理があります。
まあ大幅上昇を見たら、もう少しという所で売るのが無難でしょうね。
天井の判断は投資家の意識を見るしかないように感じていますが、平九郎にとっても永遠のテーマですね。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です