必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

崖から落ちるよう

日経グループのクイックが民間調査会社29社に、12月の鉱工業生産の予測を聞きました。
それによると、12月の鉱工業生産の調査会社29社の予測の平均は前月比9.2%の低下だったそうです。
まだ予測の段階ですが、11月は前月比8.5%低下だったので、これが正しければ、2ヶ月連続で生産が急激に落ち込み、かつ幅も拡大していることになります。
12月は自社製品の販売落ち込みで驚いて減産した経営者も、こんどは全体の落ち込みに驚くことになり、減産幅を強化することになります。
正しく負の連鎖が働き始めていますが、どこかで止めなくてはなりません。
そうでないと、経済は更に縮小し、失業者を増やし続け、いわゆる恐慌となってしまいます。
事の是非はともかく政府も危機感をもち、民間企業への公的資金導入まで行うと言い出しました。
資本主義の原理原則さえ無視して、お金を刷りまくって対処するわけですから、負の連鎖は何れは収まるでしょう。
最大のチャンスはこのときに来ますが、それにはまだ時間がかかりそうで、今はまだ崖から転げ落ちている最中です。
今は肩の力を抜いて、チャンスを待とうと思っています。
まあ当面は相場の枯れ切った小型の内需関連だけでしょう。(^^)

1 Comment

heikurou

名無しさん
確かに危険ですね。
ただ、一番危険なのは危険を認識していないことです。
危険が認識されている以上大丈夫だと思っています。(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です