必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

67倍

NY市場が248ドルと大幅に下げる中、12000円の定額給付金の支給が決まりそうです。
平九郎は来るものは拒まず、どうせ自分の払った税金から戻る訳ですから、出れば受取ります。
ただ、某社エコノミスト計算によれば、支給された給付金の内3割は支出され6000億円の需要を創出し、全国で3万人の雇用創出効果があると言います。
計算の妥当性は、大部分が銀行振り込みで、支給が終わるのが7月頃になりそうだと言えば、まあ当たらずと言え、遠からずでしょう。
これを先日メモに書いた中前忠さんが主張する200万円で、200万人雇用して、2兆円の政策と比べると、同じ2兆円で雇用者増は3万人と200万人ですから、67倍の違いとなります。
ウ~ム同じ税金を使うなら12000円戻して貰うより、今回は失業者を200万人雇った方が良いと思うのは平九郎だけでしょうか?(~~)
失業者が増えすぎると、治安が悪化して社会が不安定化するのです。
一人当たり12000円は自分や家族の為の、社会的な保険だと思えば高くはありません。
やはり、中前忠さんの主張は、何時も「正鵠を射ている」と思うのです。
最も、名称が「第2自衛隊」だけは絶対ペケで、ネーミングに工夫の余地が大いにありますね。(^^)

4 Comments

ひろ

こんにちは、初めてコメントします。
平九郎さんにお聞きしたいのですが
金ETFは今後どうなると思いますか?

返信する
heikurou

ひろさん
こんにちは。
金については以前から書いていることと、考え方は変わりません。
右のカテゴリ欄の下から2番目にGOLDのカテゴリがありますので、そちらを参照にして下さい。
当面は、消費税の増税が決まった辺りから、現物に押されて動き出すのではないかと思っています。

返信する
PBY元気小僧

こんばんは。今、シティーが4ドル割れしてます。日本では、年初からスティールパートナーがらみの銘柄が活躍(30%~50%反発)してくれましたが、そのスティールがバンカメに訴えられたり、そのバンカメも今8ドル割れ安値更新です。グチャグチャですね。金融機関にもしもの事があったとき、使えるお金がたりるのか?という不安で下げてるらしいのですが。ソロスの「危機は去った。」を誰もが思っていただけに、以外でした。砂漠の王子も頭にきてるでしょうね。日本が明日、つれ安するのを買ってみようと思います。たぶん土日で3500億ドルの議会承認も得られるでしょうし。日経が7500あるいは7000割れにも耐えうる買い方しようと思ってます。今はやはり短期で、しょうがないと思ってます。金融も買おうと思うのですが、大赤字の野村について、おわかりの事あれば教えてください。

返信する
heikurou

元気小僧さん
短期的な売買なら問題はないでしょうが、日本の証券会社も過去のビジネスモデルでは早晩立ち行かなくなるでしょう。
新しいビジネスモデルを示すと同時に構造改革を図る必要もありそうです。
残念ながらそれがどのような形かまだ見えてきません。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です