必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

皆で渡れば恐くない!!

昨日朝刊のソニーに続き、同日の日経夕刊では東芝の2000億規模の今期赤字化が紙面を飾っていました。
事前の会社予想では1500億円の黒字予想ですから、3500億円の下方修正です。
大どころが赤字化となると、あとは潰れそうなところ以外は気楽なもので、今後は我も、我もで、輸出企業は軒並み赤字化を明らかにしてくるでしょう。
なぜなら今赤字化を発表すれば責任は世界不況にあり、個別企業の責任ではないと言う訳で、ましてや、経営者である自分の責任では全く無いということになるからです。(笑)
これが他社が良い時だと、粉飾まがいの決算をやってまで黒字化を計るところも出てきます。
ところが、ソニー、東芝と赤字化が続けば、輸出企業は自社の赤字化も当然で、原因は世界不況だということになり、潰れない限り誰も責任を取らないでむので、赤字予想も出しやすいのです。
そしてこの傾向が一番はっきり現れるのが、今期決算が出揃い、次期の予想を出す6月中頃でしょう。
なにぶん、経済が本格的に落ち込んだのは昨年10月位からですから、今期は一年の半分の落ち込みで大幅な赤字なのです。
米不動産価格の下落が未だに止まっていない以上、次期予想は一年を通して暗くなりますから、よほどの事がない限り、来期はトヨタもソニーも大幅赤字予想でしょう。
これなら輸出企業は何処も、堂々と赤字化予想が出せます。
そして大幅赤字予想を理由として、経費削減等リストラを進め、結果として黒字化を達成できれば、名経営者と呼ばれますから、次期予想は出来るだけ低い方が良い事になります。
赤字化もみんなで出せば恐くない!!
 
と言うやつで、経済が本当に暗くなるのは来期の予想の出る頃が一番でしょうね。(笑)
そしてこの時に株が下がらなくなっていれば、この時こそ本当に大底を確認した事になるのだと思っています。(^^)
PS.本日フェイスがストップ高しました。
後場から急にインサイダーのような買い物が入り、大引け前は1000株ほど買い物がストップ高で入っていました。
今日は特にIRも出ていないので理由は分かりません。
(^^;
以上

2 Comments

七つの海

 どうもこんばんは。
 ソビエト連邦の崩壊により、資本主義体制と社会主義体制の戦いは資本主義側の勝利に終わったと、多くの日本人は思っているようですが、今回の世界的な不況に際してみて、共産党独裁体制による市場経済の導入という中国が、実は一番強いのではないかという恐怖に襲われています。
 米国債を大量に保有している中国が、米国との交渉材料の一つとして売り浴びせた場合には、ドルの暴落は必至であり、既に「ハワイよりも西側の制空権・制海権をよこせ」と米国に提案していたというニュースもあったようです。
 そういう状況下にあってフェイスのような企業が勃興することにより、中国や米国よりも小さい日本にも、何とか活路が開けるのではないかと期待しています。

返信する
heikurou

七つの海さん
世界恐慌で、一番回復が早かったのは社会主義経済のソ連でした。
今回も、計画経済の方が回復が早いかもしれませんが、昨日のコメント欄に書いたような手法が取られるのではないかと考えています。
最も、たとえ経済が早期に回復しても少子化の進む日本の衰退は否めません。
新興国から安い人件費が連続して供給され、工業製品に製造能力がありすぎる現在、これまでのような、加工貿易での国家経営は難しいでしょう。
新しく外貨を稼げる企業を育てる必要があります。
フェイスのような企業を育てることが、日本を生き延びさせることになると思っています。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です