必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

赤字化

本日の日経でソニーが今期営業赤字になる見通しがでました。
会社は昨年10月には2000億円の営業利益を予想していましたが、四季報では2000億円は甘いとして、予想営業利益を1700億円としていました。
今回、それすら大甘で、1000億円規模の赤字想定です。
赤字化の内容は販売不振に加え、円高、在庫処分、有価証券評価損や、人員削減、工場閉鎖費用等のリストラ費用増と満艦飾で、需要減の長期化への対応を急いでいるのが見てとれます。
こうなると、子会社や、下請け企業も親会社の赤字化を受け、同様な緊縮的政策を取り、ボーナス減や、解雇増などで社会に痛みが広がります。
硬めだった四季報の予想すら遥かに下回る1000億規模の赤字化は、企業関係者のこれまでの予想を超えるものです。
一番の原因はやはり、悪化のスピードが速すぎ、マーケットに急速に在庫が溜まったことでしょうが、企業はまだ年末商戦後の在庫の確認が出来たばかりでしょう。
悪化のスピードが速すぎて、対策が間に合わないだけでなく、痛みを感じる間も無かったのです。
世界全体の消費の落ち込みはまだこれからです。
こうなると、消費の再拡大は時間的に回復を待つか、やはり政府支出に頼る以外はなく、各国の財政赤字が拡大します。
結局、どう転んでも各国財政赤字の拡大は避けられないないでしょう。
しっかしどうせ赤字が拡大するなら、早くやって欲しいものです。
なにか手術を待つ入院患者の心境ですね。(^^)

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。アメリカ、ユーロ圏で350兆のお金がいるそうですが、どうするんでしょうか?国債を発行しても、とても消化しきれる額ではないと思うのですが?アジアもそんな余裕ないですよね。輪転機を回して国が消化したら、今のデフレが止まったら、その時、、、。バブルが、どこで発生するか?というより、ハイパーインフレの可能性はどうなんでしょうか?今の金利はこの2世紀では例のなかった水準です。これが超逆転を始めたら最悪はかんがえられますか?出来たら日記で取り上げていただけりば嬉しいのですが、よろしくお願いいたします。

返信する
heikurou

元気小僧さん
世界中で貨幣の量を一斉に増やせば、増えないものは、価値が上がるでしょうから必ず部分的にインフレになります。
工業製品は増産能力がありすぎますから、おそらくそれは簡単に増えない一次産品や、水利権で、今回は民衆の実生活に影響の少ない金やプラチナなどの貴金属になるのではないかと思っています。
そして、インフレ的に評価しなおした貴金属で、貨幣量を再定義しなおせば、全て丸く収まるとバーナンキが考えている気がしています。(笑)
整理すれば、バーナンキはインフレ懸念が出てきた時に金を暴騰させ、暴騰した金価格で、通貨価値の再定義をやりそうな気がしているのです。
具体的にはSDR(IMFの特別引き出し権)を拡充させ、暴騰した金で価値を再定義しなおす。
その後、SDRを国際決済通貨単位として流通させ、各国通貨はSDRに対して変動相場制を取る。
な~んてことを夢想しております。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です