必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

気になる記事

朝刊にはムンバイのテロや、農林中金の有価証券評価損1.5兆円、パナソニック89%減益など暗い記事が踊っています。
昨日の米国は「感謝祭」で相場がありませんでしたので、今日は日本独自の動きとなりますが、今日の新聞で気になったのは、上記の記事より日経朝刊7Pの
「滝野川信金赤字17億円」
と言う記事です。
同信金は08年3月期にサブプライム関連商品への投資で403億円の赤字を出しており、すでに理事長が引責辞任済みで、今回は再度の赤字とのことです。
農林中金などは以前から噂を聞いていましたが、信金や地銀の実態が良く解りません。
どうも信金や第2地銀は「無邪気」とも見える運用をしていることも多いと言いますが、今回このグループの運用の全貌が見えてこないのです。
それほど大事になるとは思えないのですが、ダメな所は合併や清算など早めの処理をお願いしたいものです。(^^)

2 Comments

PBY元気小僧

こんばんは。GMが事どうなるか、よくわからないのですが、今後その他アメリカ企業が多く破綻が懸念されてますが、その時CDSはどのように影響されるんでしょうか?規模は4200兆円とされてますが、ぼくには想像できません。束の間の上昇(ひょっとしたら5月まで?)に付き合うか、静観か、突っ込買いか、なやましいところです。根本的な問題解決されてないCDS,もうみんなわすれたんでしょうか?

返信する
heikurou

元気小僧さん
CDSについては一時よりは安心感が出てきているようです。
ヘッジ的な重複したカウントが多く、言われているほど多くはないようです。
ただそれでも巨大なことは確かで、CDSが正常に作用することは倒産を促進させる可能性すらあるでしょうし、これから破綻企業が増えることも確かでしょう。
そうなると、連鎖が働きますから、米国株価のあるべき位置はまだ遥かに下だと思っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です