必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

そこが底!

トヨタ自動車が、09年の世界販売計画を970万台に下方修正しました。
当初の計画は1040万台だったので、約7%の下方修正ですが、既に下方修正済みの08年の計画950万台よりは20万台増える計算です。
今年より増えるのなら良いではないかと言いたいところですが、トヨタの下方修正は影響が大きいです。
トヨタが販売計画を縮小すれば、他の自動車会社も右へ習えとばかりに計画を下方修正しますから、生産投資縮小を通じて影響は周辺全てに及びます。
トヨタは日本産業の売上高の5%、純利益では9%を一社で稼ぐ会社だけに、その減産は素材や、部品会社を巻き込み、国としての成長率にまで及んできます。
しかも原油高の影響は海外生産でも同じですから、電気料金等の生産基礎コストの上昇はまだこれからです。
ただし、日本株価はこれらの下方修正を既に相当程度織り込んでいると思っています。
今後NY株価が暴落しても、輸出企業の悪化した決算数字がでても、日本の株価が下がらなくなれば、そこが底です。
株価が本格上昇に移るには、まだ少し時間が掛かりそうですね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です