必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

米印アップルパイ

ファニイメイや、フレディマック(GSE)への公的資金投入だけでは駄目で投資銀行や、商業銀行へも公的資金を投入すべきと言う声が多いです。
しかし、これは多分必要がないでしょう。
理由は、
GSE両社に現在問題となっている証券化商品全てを集める方向  
だと思うからです。
勿論両社は住宅ローン買取に特化していた会社ですから、車のローンや、消費者ローンまで組み込んだ商品を買えるようにはなっていないかもしれません。
しかし、そんなものはルールを少し変え、転売を条件ににすれば済むでしょう。
単純な債権なら、価格調整だけで買い手は幾らでも出てきます。
要は買い手のいないパッケージ化された商品化商品を全てGSE両社に集め、バラバラにして、良質な部分と不良な部分に分け、再度組みなおす事になると思っています。
今度は上記GSEに正式に米国政府の保証が付いた状態ですから、信用力に問題はないでしょう。
簡単に言えば
痛んだりんごは、傷んだ部分を切り取って集め、米政府印のアップルパイにすれば良い!!
 
と言う事です。^^
8月2日の日経夕刊、ウオール街ラウンドアップによると先日、シティが保証会社のアムバックとのCDOの保証契約を解消したそうです。
アムバックは総額14億ドルのCDOの元利金を保証していたのですが、8億5000万ドルを払ってシティとの保証契約を解消したとの事です。
シティも全額保証を迫って保証会社の破綻を招くより、一部でも確実に回収する方が得だとの判断が働いたとされています。
平九郎はこれを、シティがCDOの新たな買い手を見つけたから、出来たのだと考えます。
そしてそれは転売され、GSE両社に集まると思っています。
問題は一度痛んだリンゴは、傷んだ部分を切り取っても再び傷む事が多く、時間が経つと腐るリンゴがGSE両社に大量に溜まる可能性があることで、当初の目論見は結局破綻しそうですが、まあ当分は大丈夫でしょう。
ゆえに、GSE両社に公的資金が投入されるようになった現在、流動性不足による信用不安は無くなったと思うのです。
ただし、腐りかけのリンゴが売れたと言って喜んでいると不動産価格の下落が続いている以上、リンゴは再び腐ってきます。
まあ、これで米株式相場が戻っても、喜んでばかりは、いられませんね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です