必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

バスケット通貨

カリフォルニア州の地銀、インディマック・バンコープが先週末に破綻した事により、いよいよ金融不安が一般人にとって現実のものとなりました。
こうなると、テレビニュースで流される預金引き出しの行列が不安を掻き立てることとなり、マスコミは次の破綻銀行を探し始めます。
こんな時は取り付け騒ぎが起き易くなり、噂が、噂を呼び、預金者が取り付けを起こせば、たとえ今は健全な銀行でも破綻してしまいます。
バブル崩壊時の日本と状況は全く同じで、米経済の現状は厳しいものです。
ただ、一つ違うのは、現FRB議長のバーナンキ氏は、バブル崩壊時の日本の金融政策の研究もし尽くした人間です。
結論が同じになるとも思えません。
また今回ベアー・スターンズの救済例を見ても、大手投資銀行は絶対潰さない方向ははっきりしているため、デリバティブ商品の不安感は少ないです。
ただし、諸悪の根源である、住宅価格の下落は続いているため、問題は長引きますから、結果としてFRBが金利を上げるとは思えません。
日米の低金利と、豊富なドル資金は次のバブル発生の原泉となりますが、これ以上の原油や穀物への投機拡大は世界を壊しかねませんので、商品への投機は政治的にも直接的な規制が引き出されます。
しかも今回は基軸通貨ドルに対する信頼が揺らいでいますから、どうも投機資金は「金」に向かいそうな気がしてなりません。
これなら、政治的にも許容できますし、「金」が数倍になったところで原油や、穀物、金などを含むバスケット通貨でも作り、ドルをリンクさせてやれば、ドルの信頼も回復しますしインフレも収まりそうです。
てなことを考えて、未だに下げ止まらないフェイスを横目に金ETFを少し買い増しました。(^^)

2 Comments

通りすがり

金もよいですが、フェイスの子会社ブレイブからおもしろそうなプレスリリースが来てますね。
http://www.faith.co.jp/ir/d
my spaceとなので珍しく(笑)期待できそうですが、株価に反映されるのはまだまだ先でしょうね。

返信する
heikurou

通りすがりさん
フェイスからも来ましたが確かに面白そうではありますね。
株価は上がりませんが一生懸命なのは分かるので、トコトン付き合うつもりです。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です