必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

NY市場

昨日NY市場のことに少し触れましたが、昨日は32ドル高と僅かながら上昇しました。
しかし、昨日の日経夕刊に有るように、6月のNYダウ平均の下げ幅は1288ドルに達し、ロシア通貨危機以来の史上2番目の下げ幅です。
しかも、今回金利は十分引き下げ済みで、インフレ懸念の強まりから、これ以上の金融緩和は難しくなってます。
つまり、FRBのバーナンキ議長は手足を縛られて荒れた海に放り出された状態なのです。
こうなると、ECBの金利引き上げが行われた場合、FRBは打つ手がありません。
したがって、今まで存在感の薄い大男でしかなかった財務長官のポールソン氏が前面に出てくる可能性があります。
米財務当局による、為替直接介入は近いかもしれませんね。
話は変わって、昨日東証上場の金ETFを記念に最低単位だけ買ってみました。^^
注意が必要なのは、購入に当たり、コールセンターだけの取り扱いでネットからの直接発注が出来ないことです。
理由は外国証券だからと言ってましたが、SBI(前イートレ)も野村も出来ませんから、他所も同じでしょう。
こうなると、信託報酬が高くて信用リスクがある為、東証に市場を奪われ上場廃止懸念もあった、大阪ETFが生き延びる可能性が出てきました。
コールセンターだけの扱いの東京ETFに対し、短期取引だけなら大阪ETFの方が向いているかもしれません。(^^)

2 Comments

mandms

SPDRゴールド・シェア(1326)のことでしたら、松井証券ではネットで買えました。が、外国証券取引口座が必要なようです。

返信する
heikurou

mandmsさん
情報有難うございます。
どうも扱いがバラバラで理由が良く分かりません。
ただ、株が安いとき高いのは嬉しいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です