必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

3度目

昨日「特定健診・保険指導制度」(通称・メタボ検診)の受診券が市役所から送られてきました。
ただ全く同じ書類が2通同時に届いたので、市役所に電話してみると、担当者の話ではコンピューターソフトの不具合が原因らしいのです。
結局片方を破棄してくれれば良いと言われたのですが、間違った書類の費用も税金だと考えると、税金の支払いが重なるこの時期、愉快ではありませんが仕方がありません。
その後用事があったので、数時間お出かけして帰ってくると、郵便受けにまたなにか入っています。
見ると朝と同じ書類で、3通目のメタボ検診の書類です。(~~)
市役所も終りの時間だったので、今度は電話もしなかったのですが、こうまで執拗にくると、お前はメタボだ・メタボだと言われているようで少し不愉快です。(><)
で、一夜あけて朝、体重計に乗ると、
「ふ、太ってる~~!!ヾ(`ε´)」
 
そういえば最近アイスクリームばかり食べていたのが主因でしょうが、直近で1Kg位増えています。
ハ~~ε-(´・`) 大人しくメタボ検診行って来ます。
ところで、上記の例ではありませんが、日本企業のコンピューターシステムはバブル崩壊後の不況の影響で更新が遅れ、すでに待ったなしの状態だと聞きます。
独自システムを持ちたがる風潮が強かった日本のコンピューター事情ですが、やってみて、独自にやると金がかかりすぎることも判ってきた気がします。
こんな点からも規模の経済性を持つオラクルのような会社が業績を伸ばす余地がある気がしているのですが、このあたりの事情をご存知の方がいたらコメント頂けると嬉しいです。(^^)

1 Comment

heikurou

ダンボさん
新しい試みで面白いのですが、やはり少し読み難いです。(笑)
そういえば、中華料理屋の名前は吉冨と書きましたが、正しくは「与志富」でした。
場所は伊豆長岡の古奈でチャーハンや海老ラーメンが美味しいです。
ただしチャーハンは太るのでめったに食べません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です