必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大相場の後は7年駄目

昔、株の師匠から聞いたのですが、大相場を出した後は、7間年は相場が無いと言います。
相場格言にあるかと思い調べてみたのですが、見つからないので、「マイナーな言い伝え」とでも言うものかもしれません。
別に検証したわけでは無いのですが、この教えを結構守っています。
実際、大型株が短期間に4倍~5倍になるような大相場を出したあとは、その相場で高値を掴まされた投資家が多い訳で、多少の業績の変化や、周辺事情の変化では、興味を示さないこともあるのでしょう。
それが、7年も経てば、高値のシコリ玉も大方は解れ、高値掴みの投資家の記憶も薄れてきます。
また、大相場を出すような時は7年程度の景気循環波であるジュグラー波に影響を受けているかもしれません。
従って、大相場を出したあとで一旦、相場が終わっていると思える株は当分は手は出さないようにしています。
戻りを売ろうとして一旦売りそこなうと、戻り待ちの株が多いためか、また直ぐ下がって来ることが多いです。
一度含み損を抱えた後の戻り相場では、損が消えた時点で、心理的にヤレヤレの売り物が出やすいからでしょう。
今なら鉄鋼や、造船等の市況関連がそれにあたるのではないでしょうか。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です