必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

教えて下さい。<(_ _)>

読者の方から、「フラッシュメモリーの市況の変化など知る方法」を教えて欲しいというメールを頂いたのですが、残念ながら平九郎は苦手分野で知りません。
これを読んでいる読者の方で、もしご存知の方がいらっしゃったら、コメントして頂けると助かります。<(_ _)>
これを機会に此方も勉強になります。(^^)
さて、海外でNYダウ平均が206ドル安と急落して戻ってきました。
そんな中原油の急騰だけが目立ち、国内でもガソリン価格は市場最高値を記録しています。
戻り相場では、全てが強く見えますが、結局最後に人気化するのはやはり時代や世相を反映した株です。
資源高の中、日経一面では「商品にCO2の排出量表示」の方向を報道しています。
洞爺湖サミットも近づき、今後はより資源節約とCO2削減に関連した株が話題を呼びそうです。
中長期の投資では人気の無い時に買い、人気が加熱した時が最高の売り時です。
今後の「人気」の動きに注意しましょう。(^^)

6 Comments

元気小僧

経済産業省にアクセスして生産動態統計の機械統計の60ページ目にメモリがあります。出荷、在庫の数値を過去に遡ってグラフにします。キチンサイクル(激しい電気はシリコンサイクルと言います)のどの辺にいるのかが分かります。めんどくさいですが素っ高値で買うことぐらいは避けれます。予想はできませんので、バフェットのような人でも長期投資しません。

返信する
gotospace

私も素人なのですが、半導体市況をウォッチする場合、DRAM価格の動きを下のリンクでチェックできます。アドバンテストとか結構連動してた気がします。http://www.dramexchange.com…

返信する
yummy

平九郎さん、元気小僧さん、gotospaceさん
ありがとうございました。調べてみます。
なぜ知りたかったかというと、現在東芝の株を保有
しており、この先買い足すか、またはとりあえず利益確定するかの判断材料に役立てたいと思いました。素人の浅知恵ですが原発は長い投資でとなると
直近で気になることはフラッシュメモリの価格だったのです。でも覇権争いも激化しておりますし、
難しいところだなと思っています。
今後とも知恵を拝借くださりますようお願いします。

返信する
森沢◎

この部分にコメントを書き忘れました。違うところに書いてしまいました。すいません。
聞かれてもいないのに、こんなことを書くのも多少気が引けるのですが、多少、技術分野に鼻が利くおっさんの戯言と思ってください。
フラッシュメモリの自体(カードでなくチップ単体という意味で)の供給は、S星とT芝とIテル、etc.の寡占市場です。しかし、仰るように覇権争いが激化しており、どこがシェアを多く占めるか微妙なところでしょう。個人的には、S星じゃないかなと思ってます。
で、フラッシュを今増産に増産しているように思いますが、これが利益を産むかは微妙と思います。単に貧乏暇なし状態になるんじゃないか思ってます。
業界人でない場合には、特に、シリコンサイクルを読むのは相当に難しいし、規模のメリットは受けれる事業ですが、やはり、チップ単体の製造は儲からない業界と思います。ずばり、長期投資には向かないでしょう。
無論、平九朗さんの仰るように、短期でみて、皆の予想のサヤを抜くのであれば、話は別ですが。
原発に関しては、長期投資に向く事業ではあるとは思いますが、結局は、個人がどうするかの判断でしょうね。
なお、半導体だけに限り、東芝より、長期投資に向くビジネスとしては、
Nコン(光),S越(ウエハ),gotospaceさんのいうAドバン(テスタ)の方が、ビジネスとしてずっと優秀と勝手に思っております。これらの会社があつかう製品は、全てスイッチングコストが高いからです。そういえば、確か、S越は最近、売られてましたね。
但し、当方は、上記のいずれも所有してません。
このコメントが何らかの役に立てばよいかと思っています。長々と失礼しました。

返信する
heikurou

森沢◎さん
有難うございます。
ただ、メジャーなサイトでもありませんから、東芝、三星、インテルで構いません。(笑)
平九郎

返信する
heikurou

gotospaceさん
コメント有難うございます。
今回FUJIYAMAには来れないようで残念です。
次回お会いできるのを楽しみにしています。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です