必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

CO2地中埋没化

5月3日の日経一面に、中国でのCO2の埋没化事業を日中首脳会談で発表するとありました。
「中国国内の火力発電所から排出される二酸化炭素を油田に注入、封じ込め、原油を取り出しやすくする。」
と言うもので、おそらく連休後の日中首脳会談の目玉でしょうが、実現できれば結構な事です。
日本でもガス田へのCO2地中埋没化が実現できれば、地盤沈下が懸念され増産が難しいメモ主力銘柄の1つである関東天然ガス開発も、大幅な増産ができると思っています。
現在のガス採掘は、水溶性のメタンガスをかん水と一緒にくみ上げ、ガスとヨードを抜いて、一部の水を再び地中に戻しているそうです。
CO2の地中埋没化なら、可燃性の有毒なメタンガスを抜き、無害なC02を代わりに封入する訳ですから安全性は上がり、しかも地下の減圧も無いはずです。
実現に、技術的な問題がそうあるとは思えませんし、時代の要請も強くなっています。
関東天然瓦斯開発の確認埋蔵量は、現在の生産量に比較して600年分といわれますが、埋蔵量は60年分もあれば十分でしょう。
それならC02の地中埋没化を行うことで、増産すれば地球環境にもやさしく、国や地域の後押しも期待できます。
しかも今の10倍は増産出来ますし、利益も飛躍的に伸びます。
読まれた方も居ると思いますが、最近「ガス埋蔵量を考慮した同社の含みは1株5,000円」等という記事も見かけました。
関東天然ガス開発、CO2埋没化による天然ガス大増産を検討
な~んて記事が出るだけで株価は急騰すると思います。^^
まあ、少なくとも研究する必要はあると思うのですが、皆さんはどう思います?(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です