必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

今後の流れ

注目の住宅価格指数が発表になりました。
以下ロイター
2月米住宅価格指数は前月比+0.6%、前年比では‐2.4%=OFHEO
08/04/23 07:22
 [ワシントン 22日 ロイター] 米連邦住宅公社監督局(OFHEO)が22日発表した2月の住宅価格指数は、前月比約0.6%上昇した。ただ、前年比では2.4%低下した。  2007年4月のピーク時から3.1%の低下となった。   2月、調査対象となった9地域中2地域で価格が下落。アリゾナやコロラド州などを含む山岳部で0.6%、フロリダやデラウェア州などを含む南部大西洋岸地域で0.2%それぞれ下落した。
以上
事前のアナリスト予想よりは少し良かったようで、マーケットの反応もそれほどでもありませんが、同時に発表した、中古住宅販売状況では在庫数は増えており、販売低迷が続いていることを示しています。
一連のサブプライム問題が全て片付くには、住宅在庫の減少が必要だと考えているので、今後もこの数字には注意を払いたいと思っていますが、まあ当分は在庫が減るとは思っていません。
従って、株式市場での今後の物色の流れは米国景気の低迷を前提に考えています。
まあ、メモで言えば、関東天然ガス開発のような会社のことですが、本日の日経9Pで、帝国石油や、石油資源開発等が、国産天然ガスの開発を加速することが大きく伝えられています。
600年分の埋蔵量を有すると言う関東天然ガス開発もそろそろ、なにか打ち出すかもしれませんね。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です