必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

原油高

NY原油が一時最高値となる117・6ドルをつけて来ました。
ナイジェリアのパイプライン破壊や、日本タンカーへの攻撃などが影響しているようですが、お陰で購入以来良いとこがない関東天然ガス開発の株価が少し戻ってきました。(笑)
過去のメモを読み返しても、「やる気がない会社」等と書きながらも同社を買ったのは、600年とも言われる天然ガスの採掘権が魅力だったのと、社長交代の経営改革を狙ったものです。
同社の資産は圧縮されており村上ファンドの村上氏をして『こんなに貯めて如何するんだ』と言わしめた会社です。
村上ファンドの買い集めが原因で社長が交代して早3年が経ちました。
東電の社長候補と言われた佐竹社長が、手腕を発揮して、同社は改善の方向にあります。
ただ、改革のスピードは満足できるものではありません。
今年の株主総会では株主の不満が爆発しておりましたが、現状では来年の株主総会も不満が出そうです。
株価の上昇が続くことで衆目を集め、更なる改革への機運が醸成されることを祈っています。(^^)

4 Comments

すずめ

平九郎様
3月のサロンFUJIYAMAに兵庫県より初参加したすずめこと中野でございます。
私も関東天然瓦斯をキャッシュリッチの資産バリュー株として保有しておりますが、ここのところの原油高で同社株も上昇しており、内心嬉しいのは正直なところです。
しかし物価も上昇傾向ですし、喜んでばかりもいられませんね。
5月第2土曜日のサロンFUJIYAMAに都合がつけば行きたいと思っておりますので、そのときはどうぞ宜しくお願い致します。

返信する
しがないサラリーマン

平九郎様お久しぶりです。
 どんどん上がって、今日(4/22)で700円になっていたのですね。
市原悦子のようにこっそり同社を見ていましたが、こっそりであったため、肝心なときに買いそびれました。
 余談ですが、先月、揮発油(ガソリン)税の暫定税率が失効したときには、石油会社はタンクローリーの手配数増やガソリン増産で現場は苦労していました(基本的に原油の蒸留操作であるので、ガソリンだけを増産することはできず、スポット買してガソリン比率の原油を調達したりしてコストがかかっています)。客先いわく、会社として困るのは、失効するか失効しないかは予想できないため、両方の対応をできるようにしなければならないことだそうです(これもコストがかかる)。
 失効した揮発油税の暫定税率を復活させる租税特別措置法改正案について、30日に与党が衆議院で再可決して成立させる方針のようですが(衆議院の山口2区補選の結果次第ではどうなるかわかりませんが)、ガソリン需要の多いゴールデンウィークを挟んでいるので、石油会社はまたコストアップに悩まされそうです。
 サラリーマンであるため、平日で行われることが多い株主総会に、人生で一度も行ったことはありませんが、ちなみに同社の株主総会はどんな感じであったのでしょうか(株主の不満が爆発していたそうですが)。

返信する
heikurou

すずめさん
5月のFUJIYAMAは講師がしんさんなので、株式投資お宅が集まりそうで、面白くなりそうです。
お会いできるのを楽しみにしています。(^^)
平九郎

返信する
heikurou

しがないサラリーマンさん
ガス開発はピッチが早すぎるので、目先は注意すべきだと思いますが、資産からみれば、まだ相当安いです。
株主総会では、金庫株の消却や、不要な借入金の返済など、様々な増益要因があるにも係わらず、2年連続で来期減益予想を出したことに1人の株主が連続して怒ってました。
ちなみに怒った株主が誰だったかは想像にまかせます。(笑)
その他一般株主の質問者は確か3名で、質問は割と多く出たと思います。
最近はその他の株主総会でも、一般株主の質問するのを見ることが増えました。
発言が特殊株主だけだった昔とは随分変わったようです。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です