必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

晴れ間

日銀総裁人事も決まり、金融大手の増資も成功しても懐疑の中が続いているのは、やはり副総裁人事不同意に代表される政治リスクが気になるからでしょう。
世界経済の減速を相場が全て織り込んだとも言えないなか、日本では今後も政治的混沌が予想されています。
しかし、相場と付き合う上で、状況がすばらしく良いと思っても「雲一つ無い晴天」とは中々いきません。
晴れているようでも必ず、部分的には「雲」が残るものです。
逆に雲が多くても、すこしでも晴れ間がでれば気持ちは明るくなります。
相場も天気も、雲一つ無い状態だけが晴れではありません。
雲が残っても、晴れ間が多くなれば、それは晴れなのです。
未だ一部雲は残るものの、天気は相当回復してると思っています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です