必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

出尽くし?

スイスの金融大手UBSが1兆9千億円の追加損失を発表し、同時に増資発表をしたのに伴い、昨日のNY市場は390ドルの大幅上昇となりました。
UBSは、会長の辞任を発表していますから、市場が出尽くし感を感じたのかもしれません。
通常巨額な損失が発表され、同時にトップの辞任が行われた場合は、後任のトップは損失の責任を全て前任者に被せ、その後の建て直しをおこないます。
(新銀行東京などが良い例ですね!(^^))
最も、辞任する方が、納得して辞任しているとも限らず、下手をすると刑事訴追まで蒙りますから、普通は必死に抵抗します。
今回のUBSの会長が如何考えているかは解りませんが、巨額損失を出してのトップの交代は償却終了のサインとなることは多いです。
ただ、平九郎的には今回の問題は最終的にはプライム層まで行くと思っているので、サブプライム問題全体としては、まだ中盤だと考えています。
しかし、日本は売られすぎだとも思っているので、まあ楽観もせず、悲観もせずで行きたいと思っています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です