必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

FX破綻

外国為替証拠金取引(FX)の不備で、金融庁による破産手続き開始の申し立てを受けていた、日本ファースト証券の管財人が同社のFX預かり資産が1~2割棄損する可能性がある事を発表しました。
FX業者は財務基盤の脆弱な企業も多く、今回のような大荒れの為替相場の後には、更なる業者破綻も十分考えられます。
FXで相場を張っていなくても、業者が破綻してお金が帰らないではたまりません。
これが投資信託などの場合は、顧客が預託した資産は全て信託銀行で分別管理されるのでこんな心配はないのです。
しかしFXの場合は個別企業の預かり資金となるので、今回の事件で分別管理がキチンと出来ているかの確認が必要になったことになります。
FX業者の更なる破綻が無いことを祈っています。(><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です