必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

規制は必要か?

読者の方から、規制は必要かのご質問がありました。
残念ながらご指摘があったジョージソロスの本は読んでいませんが、平九郎も規制はある程度あった方が良いと思っています。
これは、バブル時代の競争社会に身を置いた者なら、たぶん、同じ感覚を持っていると思います。
なぜなら、自由競争とは、正しく際限のない競争であり、行き着くところは全参加者の「死」の世界だと感じているからです
ただ、逆に全てを規定すれば良い訳でもありませんし現在のように「コンプライアンス」を叫びすぎたりするのにも、大いに疑問があります。
これらの線引きは極めて難しいものです。
これは、参加者の
「常識と良識」 で判断するべきでことなのです。
そして最初からルールを無視するものを排除するのが「法」で、「常識と良識」を持たないものを排除するのが「規制」ではないでしょうか。(^^)

2 Comments

元気小僧

こんにちは。ご回答ありがとうございます。ぼくは性善説を信じてました。大きくなるに従って、ゆらいできました。金だけの品のないゲス野郎、法は犯してないだけの悪人、他人の邪魔や不幸を生き甲斐にしてる輩。平九郎サンの(常識と良識)など、とても持ち合わせてないだろうという人が多くなってると思います。持ったら損するとおもってる?ぼくも偉そうなこと 言えませんが。

返信する
heikurou

元気小僧さん
「恒産なくして恒心なし」とはワイルドインベスターズがよく使う言葉ですが、これもまた事実です。
取り合えず、「鴨」にならないことが大事なのでしょうね。(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です