必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ドル安

ドル安、円高の流れがきつくなって来たことから、再び警戒感が出てきていますが、まあ前回のような下げは米国がイランを核攻撃でもしない限りもうないと思っています。
今回のドル急落は3月18日に開かれる米FOMCでの、FFレートの再引き下げを織り込みに行ったものでしょうし、円高と言うより正しくドルが安いのです。
これは、ユーロや、原油、金などの対ドル相場が堅調なのをみれば的外れではないでしょう。
為替は今でも結構勘違いしている人が多いのですが、国内相場で105円などと言った場合、これは1ドルの値段を円で表現したものですから、ドルの相場です。
ドルの相場ですから、120→105ならドルが安いわけです。
それを120円だった、ドル相場が105円になったとき円高と言うから庶民が解り難くなるのです。
マスコミが全て「ドル安」と表現すればもっと解りやすくなるのではないでしょうか?
買い物に行った時1本120円のダイコンが、105円になっていれば、それはダイコンが安くなったのです。
普通「円が上がった」とは言わないでしょう。(^^)

2 Comments

astra

こんばんは。
前回のコメントのご返信、ありがとうございました。
私の専門は、とのご質問でしたが、専門と言えるほどのものはありません。仕事場は技術系の人が多いですが、私はなんせ文学部出身なものですから、仕事場では人と会ったり、外を出歩いたりしています。やっと暖かくなったので、ほっとしています。
ドル安、ついに103円まで来ましたね。ユーロ/ドル相場も1.5を超えています。とりあえず、ドル売りポジションを一旦閉じましたが・・・。果たしてどうなることか・・・。仮にもっと下がったとしても1ドル98円くらいじゃないかな、と思いますが、素人は欲をかいてはいけませんので撤収です。
そういえばWOWOW、なかなか強いですね。他の平九郎さん銘柄も下値が堅そうです。

返信する
heikurou

astraさん
今回のドル103円台はFXの破綻者を激増させそうですが、流石ですね。
それにしてもバーナンキは率直ですね。
私は嫌いじゃないです。(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です