必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

選別の対象

米金融保証大手「モノライン」のMBIAとアムバックの格付けが当面維持されたことから、NY市場は堅調に推移しているものの、昨日の東京マーケットは愚図り気味でした。
まあ、関係者から見れば、当面の底をつけたとしても、その後の展望が描けないため、仕方の無いところでしょうが、既に選別物色が始まって来た気がします。
そこで、どのような株が選別されるかですが、昨日都内で、プリンストン大学のポール・クルーグマン教授が、「FRBはゼロ金利政策の採用も視野に入れるべきだ」と発言したそうです。
もともとFRBは利下げに積極的な所へ、経済学の大御所と言っても良いクルーグマン教授の積極利下げ発言です。
米国が利下げを行うのに、国内的には何の抵抗も無くなったと考えて良いのでしょう。
しかし、金利を下げ続ければ、短期の資金は低金利を嫌いドルを売って高金利の海外に向かいやすくなります。
銘柄を選ぶとき、今後しばらくは傾向的にドル安は続くことを前提とする必要があると思っています。
輸出関連は欧州に強いところが良さそうですが、今回サブプライムの影響で欧州の景気も心配されています。
ウーム(~~)
ってことは、内需関連が浮かび上がって来そうですね。(^^)

2 Comments

astra

こんばんは。
今後の物色、難しそうですね。
私の主力、ホンダ、第一三共は10年以上の長期保有が前提で、まだまだ保有株数は目標に到達していませんので、今後2~3年、安くなるのはむしろ大歓迎なのですが・・・。
ただそれだけだと面白くないので、昨年から考えていたのは、太陽電池関連です。いろいろ探してみたのですが、よく分からない部分も多いので、とりあえず、フェローテックに注目し、少し買ってあります。シャープや京セラなどの大型株は相場動向に大きく影響を受けるので、どうしようか考えているうちにちょっと上がってしまいました。他にこれは、という太陽電池関連はないですかねぇ。
内需株も川下系は厳しそうだし・・・。
まあ、ゆっくり仕事の中から探してみます。
フェローテック、平九郎さん的にはいかがでしょうか?(あ、もちろん自己責任、わきまえてますからね)

返信する
heikurou

astraさん
>まあ、ゆっくり仕事の中から探してみます。
あれ、ご専門はなんですか?
フェローテック、一見して良い会社ですね。
ただ、知識が少なすぎるため、少し勉強してみます。(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です