必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

春の息吹

昨日は日経平均も414円上昇し、NYダウ平均も189ドル高、為替も108円台と、相場も春の息吹を感じさせてきました。
まだ春の嵐のような波乱はあるとしてもまあ、これで2番底も確認できたと言うことになるのでしょうから、素直に喜んでよいと思っています。
ただ、何時ものことなのですが、大きな下げの後で、相場が戻ることがあっても、次に新高値を取ってくるのは、前回相場の人気銘柄とは違った銘柄になります。
全面高の戻し相場が終わった後は、選別物色になるのですが、今回世界経済は後退局面で、しかも円高が暫くは定着しそうです。
円安と、米国が牽引していた世界景気好調の恩恵だけで利益を上げていた企業は今後、減収減益に苦しむことになります。
特に市況関連銘柄や、競争力の低い商品しか扱っていない企業の戻しは、限界があると思っています。
戻り売りすべきものは、今後は戻りの限界を探り、売るべきだと思っています。
ところで、フェイスがまたまたIRを出しています。
今度は平九郎のお膝元、スルガ銀行とのデビット型電子マネーで提携です。
平沢社長働いています。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です