必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

45日ルール

どうも株価の動きが鈍いので、原因を考えてみました。
そして思い当たったのが、今の動きの鈍い原因はヘッジファンドの解約ルールから来ているのではないかと言うことです。
これは、ヘッジファンドの解約は通常45日前の通告のと言われますから、日本企業の決算の多い3月末までに解約するなら、明後日の15日中に解約の申し入れをしなくてはなりません。
これを運用サイドから見れば、明後日の15日に解約申し込みがあれば、来週からはファンドの清算に入らなければいけなく成る訳です。
だとすると、今ポジションを増やしてもリスク要因を増やすだけになる訳ですから、動き難くて当然でしょう。
ましてや、投信などで言えば、日本は成績の良いファンドを解約する傾向がありました。
ヘッジファンドも同じとは思いませんが、運用者から見れば、例え成績が良くても解約されないと安心は出来ないでしょう。
しかも、今回の急落はスピードが早く、ヘッジファンドも相当痛んでいます。
それなら15日の3月末までの解約申し込み期限を過ぎるまでは、成績が良いファンドも悪いファンドもそろって動けなく成る訳です。
また逆に、解約期限の15日を過ぎれば、期末までの成績を上げようと今度は猛烈に動いてくるはずです。
まあ、今週中は大人しく見ている事としましょう。(^^)

2 Comments

astra

こんばんは。
45日ルールについては、モーニング・サテライトでも取り上げられていました。私自身もヘッジ・ファンドの投信を数年前から保有していますが、買い増しも一部解約も、確かに40日以上かかりますので、ずっと前から理解していましたが、これだけ有象無象のヘッジ・ファンドが増えると、マーケットに与える影響も大きいのでしょうね。
私は、淡々と買い増し続行中です。
今日は第一三共の買い増しをしました。新薬の動向次第ですが、とりあえず5年は保有する予定ですので、相場はしばらく低迷していてほしいのですが・・・。
そういえば、キャノンの孫会社のニスカがTOBで株価が2倍以上になりました。以前少し稼がせていただいた銘柄ですが、今回の動きは当然読めませんでした。
製薬会社もTOBが連発しています。
この安値が続くと、これからもいろいろ動きがありそうですね。

返信する
heikurou

astraさん
すみません。伊豆はモーニングサテライトは写らないのです。(笑)
別途契約すれば見る方法はあるのでしょうが、面倒なのでネットで間に合わせています。
>相場はしばらく低迷していてほしいのですが・・。
これは、たぶん無理だと思いますよ。
遅くても来週あたりから、変わってくると思ってます。(^^)
日本のTOBは仲介者の能力というインフラが整ったばかりだと思います。
ある意味まだ始まったばかりなのでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です