必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

利下げ含み?

欧州中央銀行(ECB)は、昨日開かれた定例理事会で、政策金利(4.0%)の据え置きを決めました。
対照的に、英中央銀行のイングランド銀行は同日開かれた金融政策委員会で、政策金利の0.25%引き下げを決め、英米の連携を明らかにしています。
これは「EUと英・米連合との政策の違いが明確!」という見方もありますが、今回ECBが利下げを行うと言う見方は殆ど無かったため、悪材料にはならないと判断しています。
しかも、ECBの据え置きは、前回までが「利上げ含み」だったのが、今回は「完全に中立」か、「利下げ含み」にも見えることから、状況は好転していると考えます。
しかも株価は安いままですから、株や、インデックス投信、ETFを買うには良いめったに無い良い日ではないかと思っています。
また、今日は株価が荒れやすいオプションの特別清算指数(SQ)算出日で、明日からは3連休と短期で売買するディーラーや、トレーダーは誰しもが株を持つのを嫌がる日でもあります。
天気も良いことですし、今日は投資家が株や、ETFを買うことに賛成です。(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です