必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

寒波

今年の気象配置は、大寒波が襲来しやすい配置だと言われ、株式市場も寒波が来ているのか、株も為替も、荒い動きが続いています。
先日中国株のバブル崩壊の可能性に触れましたが、数人の友人から、まだ先だろうの指摘を受けました。
まあ纏めれば、北京オリンピックまでは持つだろうと言う事ですが、しかしマーケットで、最大公約数的な意見が正解な事は稀です。
先日紹介した 
「サブプライム問題とは何か」 
の一節にバブル崩壊を描いた箇所があります。
以下引用
バブルは必ず崩壊する。
 ただしその崩壊は、ある日突然風船が割れるような形ではやってこない。
始めは、閉じていた風船の口が緩み、少しづつ空気が漏れ出す。
その間も誰かが空気を送りつづける。
そして、一旦留め金が外れれば、そこからは崩壊に向け、ただひたすらに空気が抜け、萎んでいくのだ。
以上終了
さすが、バブル崩壊を経験した人間しか書けない名文だと思います。
どうも中国株は10月16日(19日を修正m(__)m)を境に、風船の口は緩んでいると思うのです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です