必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

もう一つ

毎日、毎日、新聞を見ればサブプライム問題による損失の発生を報道する記事ばかりで、市場の大荒れが続いています。
昨日の米ダウ平均も堅調に推移していたのですが、引け際で100ドル以上急落して結局マイナス55ドルと、引け味は悪いです。
しかも、サブプライム問題に目を奪われている内に、中国市場も相当怪しさを増しております。
中国は先週末預金準備率の引き上げを行っており、政策の引き締め姿勢は明確です。
個人的には中国人の能力は非常に高いもので、その政策遂行能力も相当高いと思っています。
ただ、資本主義の大先輩である、先進各国の事例でみても、金融政策がそれほど万全なものでないのも明らかです。
現在の中国にどれほどの能力が有ろうと、金融政策において先進各国を上回るものになるとは思えないのです。
やはり、中国株も10月16日で既に天井を付けている気がしてなりません。
どうも震源地は中国にもありそうです。(^.^)

2 Comments

名古屋方面

平九郎さん、吉野さん
土曜日は、お邪魔しました。
楽しかったです。
ありがとうございました。。。
今日の日経金融新聞7面に・・・
土曜日に講師でいらっしゃった
ありがとう投信の村山氏のインタビュー記事が
載っていましたよ。

返信する
heikurou

名古屋方面さん
遠路遥々お疲れ様でした。
参加して頂いた直販クラブの社長達は結構彼方此方にマスコミのでていますね!
ところで、直販クラブって、「直接販売投信の集まり」の事って知ってました?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です