必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

中間決算

メガチップスの中間決算が発表されました。
システム部門の立ち上がりの遅れがあるものの、好決算と言ってよいでしょう。
株価が下がったのは、事前の増額修正への期待感が強すぎたからでしょう。
しかし通期業績の上方修正はしていませんが、元々ゲーム関連会社の売上は、クリスマスや、正月を含む、下半期に集中します。
となれば、昨年はゲーム機本体を買うのに使われたお金がソフト購入に使える今年は、通期の増額修正は間違いないだろうと思っています。
昨日シティグループがサブプライム関連の追加損失を1兆円(9000億ドル~1兆2000億ドル)出すことが伝えられ、経営トップが辞任しました。
同問題が原因で世界経済が不況に陥る可能性は高いと考えていますので、鉄鋼や、海運など市況関連の半端な押し目を買うのは危険だと思っています。
ただ、メガチップスやフェイス等の利益が世界経済減速の影響を受けるとは思えません。
むしろ、鉄や、造船、建機などの大型株選好から、中小型株へ投機資金がシフトし始めているのではないでしょうか?
特にフェイスは、ウェブマネーの上場を発表した後も、IRが活発化しており、今後の期待を高めています。
従って、サブプライム問題とは関係なく、両者とも保有を継続しています。(^.^)

2 Comments

astra

こんばんは。
メガチップス、確かに好決算でしたが、システムの方、中間10億少々で、期末58億もほんとにいくのかちょっと心配です。
ただ、DSソフトは特に欧米ではものすごい勢いであることは確かですね。昨年Q2と今年Q2の動向から、今年のQ3は昨年Q3の少なくとも1.4~1.5倍(日本も含めた全体)は行くと思っています。ですので、システムが58億円の売上予想が達成され、営業黒字になれば、これはとんでもないことになるのですが・・・。
今日の終値を見て冗談かと思いましたが、まあ恒例行事になってしまいましたね。
中長期志向で考えている人にとっては、短期的なバラティリティの高さはむしろ好機を与えてくれると思って、もう少し下がるようなら買い増しします。
少し前に持っていた株でサンクス・ジャパンという株があったのですが、MBOで850円で買う、と経営陣が言っているのに、発表日翌日S嵩の714円や、その翌々日S高の814円で売っている人がたくさんいたのにはびっくりしました。翌日の714円はまあ理解できます。出張等で、「まあS高で冗談で指しとくか」なんて人もいたかもしれませんから。しかし、その翌日の814円で売るのは、まったくもって理解できませんでした。なぜS高になったのかくらい、原因を探れば分かるはずなのに。内容も何も考えず売り買いしている人が結構いるということですね。
まあ、要は市場参加者の中には、口は悪いですが、○○○の悪いひ人がたくさんいるってことでしょう。ですので、そういう人と一緒にお付き合いしないように、気をつけていこうと思います。
フェイスはあと3年半は辛抱と思ってるので、あまりすぐに上がらないでほしいです。毎月積み立てているものですから。

返信する
heikurou

astraさん
システム部門は何れ花が開くとは思っていますが、モタモタ感は否めませんね!
売り手が納入先を一社に依存していると、買手は納入を遅らせれば有利になりますので、その為なのかもしれません。
この春の2社統合もその意味では仕方なかったのではないでしょうか。
ここは、自力で増益決算を出すことがセコムのシステム導入を早める事になりそうな気がします。
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です