必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

再びサブプライム

メリルリンチが、サブプライム関連の損失として、9000億円(79億ドル)あまりを計上しました。
この報道で問題なのは、今月5日時点の損失予想が、5000億円(45億ドル)程度だった事で、わずか3週間で倍近い金額に膨れ上がったことです。
これでは、会社の出す「ヨソウ」は、「ウソヨ」と言われても仕方ない状態で、投資家の心に疑心暗鬼が生まれます。
また、サブプライムに関しては比較的軽微と思われる日本の金融界でも昨日引け後、みずほFGが新たに損失予想の拡大を報道されています。
報道が正しいとすれば此方は、6億円の予想が500億ですから、なんと83倍となり、これも「ヨソウ」は逆から読んだ「ウソヨ」となってしまいます。
もっとも、両者とも別に嘘をついていた訳ではなく、単に予想を上回っただけなのだとは思いますが、こうなるとマーケットが一番恐れる「疑心暗鬼」という「鬼」が出るかもしれません。
この発表を受け、24日の米ダウ平均は一時、200ドルあまり下げたようですが、大引けでは1ドル安と殆ど戻しています。
ただ現物株マーケットと言うのは少し、「鈍い」所があり、ワンテンポ遅れて、ズズーとした反応が出ることが良くあります。
先日書いたように、米国市場で次に来るのがエリオット波動のC波だとすれば、短期的には一番大きな下げ波動です。
また日本では下げのエネルギーとなる、裁定残高も4兆円以上と比較的に高い水準ですし、中国市場もどうも嫌な感じです。
まあ、そんなこんなで、ここ暫くは短期的相場は警戒レベル「最高」で行きます。(^.^)

2 Comments

astra

こんばっは。
今日は仕事のあと、任天堂、キャノン、ホンダの決算、さらに目をつけている小型株の決算が続々でてざっと見るのだけでも大変でした。
任天堂、すごいですね。
気になるDSソフトの売上は、前年同期比で日本は前年並みでしたが、その他地域(たぶん欧州が大半)が約3倍増!!!
すごい。
DSソフトの売上本数予想は1億6千本以上になってますね。
メガチップスも期待してます(ただ、セキュリティ部門が心配です・・・先日、動画監視システムのコマーシャルを見かけましたが、どうなんでしょうか)
土曜日にゆっくり決算書を見ます。

返信する
heikurou

astraさん
メガチップスはまだこれからと思います。
なんと言っても成長の目が多いです。
セキュリテイ部門も、時間の問題だと思っています。
メガチップスは時代が育ててくれる株ではないでしょうか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です