必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

終了

中国共産党大会が終了しました。
今回の注目点は、やはり「科学的発展観」という、胡総書記の思想が党規約に明記されたことだと思います。
「科学的発展観」とは、
高い成長のみを追及するのではなく、環境、格差問題など急激な発展のひずみを是正しながら、持続的成長を目指す理念。
と解釈されています。
なにやら難しいですが、要するに党規約に自分の思想を入れるということは、胡氏が「科学的発展勘」によるものだと判断すれば、中国の全権を掌握する共産党の党規約が、すべてを正当化してくれることになります。
これは「科学的発展観」のような抽象的な表現は、現実の運用解釈を提案者が握るからです。
これなら提案者である胡氏は、いわば「神」に近い存在になりそうです。
今後、「科学的発展観」は憲法へも明記される方向だそうですから、胡錦涛主席の権力はより絶対的なものになるのではないでしょうか。
平九郎が胡氏の立場だったら、権力の絶頂期に、バブルは潰しちゃいますネ!!(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です