必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ブラックマンデー20周年

20年前の10月19日ニューヨーク市場で株が暴落しました。
古くは1907年10月17日も暴落しているようで、有名な大恐慌の始まりと言われる1929年は10月24日に暴落しています。
19日は所謂ブラックマンデーですが、当日寝ぼけマナコで、NYダウ平均の508ドル安を聞き、暫く理解できなかったのが思い出されます。
今年も、中国がバブルの状況である事や、米国ではサブプライム問題勃発と形が悪いので、暴落があっても不思議ではないと思っています。
しかも昨日はインド株が一時9%超暴落しています。
また、中国も共産党大会が終了に向かう中で、利上げが噂されています。
もし中国の現政権がバブル潰しを行うなら、2期目が始ったばかりの時が政治権力的に一番安定している時ですから、タイミング的に一番良い時期だと思うのです。
まあ、ブラックマンデーで1700ドル台まで下がったNYダウ平均は、その後20年で14000ドル台と、8倍まで来ています。
今年の10月にたとえ、ブラック何曜日が有ろうとも、良い株は時間があれば騰がるのだと思っています。
相場ではなく会社を買っているのなら、心配する必要は無いのでしょうが、あまり良い気分ではありません。(^.^)

5 Comments

名古屋方面さん。。
打倒Gはわが猛虎がやりたかったです、ハイ…。
こちら方面にお越しのさいはご連絡ください。

返信する
打倒G!名古屋方面

今日は木曜なので
マンデーは10月22日と29日か~
このあたりは危険ですか?
逆に、大暴騰したら「ホワイト○○デー」とかに命名しないんですかね
全力で株に投資していくのに・・・
”全力”といえば、今日からまた全力で応援します
ドラゴンズ
週末は、東京へのり込むぞ!!!

返信する
heikurou

名古屋方面さん・雅さん
お二人で野球談義で盛り上がってください。
こちらは、稲刈りでもしています。(^-^;
平九郎

返信する
名無しのごんべー

今起きて、NYを確認。
頭に浮かんだのは平九郎さんのこの記事。
まぁ今後どうなるかわかりませんが
とりあえず日本の週明けはブラックマンデーになりそうですね(笑)

返信する
heikurou

名無しのごんベーさん
ブラックマンデーは米国で、日本は1日遅れの火曜日でした。
さて、どうなりますか!(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です