必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

フィナーレの幕開き

NY市場で、ダウ平均が新高値をつけてきました。
9月27日に書いたように金融相場と言うべきものでしょう。
米国株式市場は「フィナーレの幕開け」と言ってよいと思います。
株式相場の山は、1合目から9合目までは、100日かかっても、9合目から頂上までは1日で行くのが常です。
東京市場への影響は分かりませんが、米国市場は狂乱と言う状態も想定する必要があるかも知れません。
しかも、マーケットには今年の成績が悪く、残された期日で一発逆転を狙う、手負いのヘッジファンドがウヨウヨいます。
米国株式相場は、より投機的に動きそうです。
勿論、フィナーレの長さは分かりませんが、個人は参加・不参加は自由です。
自己資金で行っている限り、成績が悪くてもクビになることはありません。
此処が、短期の成績で全てが決まるヘッジファンドと個人投資家との最大の違いですね。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です