必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大幅高

昨日はFRBのFFレート0.5%引下げを受け、NYダウ平均が335ドル高と大きく値を上げました。
(^O^)/
事前の予想では、0.25%の引下げがやや優勢だった事もあり、歓迎ムードが出たようです。
株式市場にとり利下げは大きな好材料ですから、素直に喜びたいのですがインフレ懸念から長期債が売られる一方、短期債が買われていると言います。
追加の利下げを読み始めているようですが、そうなると、住宅価格は下げ止まりません。
なぜなら、政策金利がまだ下がるなら、購入者は金利が十分下げってからローンを組もうと思うのが普通だからです。
また、サブプライムの金利は低金利の据え置き期間を過ぎた改定後で、10%以上と言いいますから、0.5%引き下げても9.5%以上です。
これではまだ、破綻ローン増加の大勢に影響ないでしょう。
住宅価格が下げ止まらなければ、FRBは近い将来、再利下げを行うことになります。
さあ、今回は何時ごろ、何処まで下がるのでしょうか?(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です