必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

第2波?

昨日の日経夕刊のコラム「十字路」にて、中前国際経済研究所代表の中前忠さんが、過剰流動性時代の終焉を語っていました。
中前氏は混迷が数年続くと予想され、金融システム危機の顕在化まで予想されています。
氏の予想が正しいか否かを判定するには、もう少し時間が必要ですが今回の問題が短期的な一過性のものでは無いことが、市場に認識されて来た気がします。
昨日のNY株式市場は280ドル安、ドル相場は先ほど2円近い円高を示しています。
津波の第2波と言ってよいのでしょう。
まあ、まだ暫くは米国発の高波が続きそうです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です