必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

終戦記念日

今日8月15日は終戦記念日です。
62年前の今日、320万人の命を奪った戦争が終りました。
戦没者の冥福をお祈りします。
さて米国市場は、昨日再び207ドル下落して、今回のサブプライム関連の不安の深さを示しています。
しかし、今回の日本市場に関しては大きな心配はしていません。
これは、たとえ米国が深刻な不動産不況になろうとも、日本が後を追うとは思えないからです。
主な理由は、日本は米国と違い不動産バブル崩壊を経験した人間が、今まだ社会の中心にいるからです。
平九郎も含め、安倍首相を代表とする戦後世代は、戦争の本当の悲惨さを知りません。
50~60年の景気波動としてある、コンドラチェフ波は、資源の制約や技術革新が主因と考えられているようです。
ただ平九郎には、60年は「当時物心のあった人間が、社会の中心から居なくなる時間」だと思えるのです。
年月が過ぎ、社会に体験者が居なくなる事が、次の混乱を呼ぶのではないでしょうか。
社会から戦争の記憶が無くなって来た現在、歴史書でも読み、再び戦争を起こさない知恵を身につけたいものです。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です