必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

2007年問題

少し前から、言われていた事に2007年問題というのがありました。
此れは、団塊の世代の大量退職による、一連の問題をさしていますが、今は既に、2007年ですから、問題は始っていることになります。

(人口ピラミッド参考)

しかし、此れを、投資家としてみれば、少し変わってきます。
なぜなら、団塊の世代が退職すると言う事は、退職金を受取る人が大量発生するわけで、株式市場へも新たな資金流入が期待できるからです。
特に、団塊の世代は、既に子育ても終わり、地方の昔からの待ち家層などは、蓄えも十分です。
言ってみれば
「閑な金持ち父さんが大量発生」  
するわけです。
今後数年は、この層からの、株式市場への資金流入を期待しても良いと思っています。(^.^)

5 Comments

セバスチャン

かわりに年金の支払いのために
株式売却が今後増えていくと思うのだけど
どうだろう?

返信する
名古屋方面

証券会社はBRICsとかVTICsとか訳のわからん名前をつけて、外国へお金をどんどん流してますから、株には来ませんよ!!

返信する
heikurou

セバスチャンさん
確かに、年金の買いは期待しないほうが良いとは思いますし、今年は売りの方が多そうです。
ただ、流入は流入であるとは思っています。
名古屋方面さん
何時ものことですが、新興国への投資がブーム的になった時は、結果は悲惨です。
マーケット規模に比べ、流入資金量が多すぎる為か、出鱈目が横行します。
日本株への流入は、新興国投資ブーム終了後かもしれませんね!
平九郎

返信する
通りすがり

「ジジイ」という表現は適切ではないと思います。
この言葉には決してポジティブなニュアンスはありませんから、
自分に対して使う分には構いませんが、他人に対しては、たとえ総称としても適切ではないように思います。

返信する
heikurou

通りすがりさん
ご指摘ありがとう御座います。
早速訂正させて頂きました。
平九郎(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です