必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

三角合併

今日から、「三角合併」が解禁となります。
まあ、M&Aという言葉を、今では小学生でも知っているから話題になるだけで、現実に「三角合併」が頻発する事はなさそうです。
ただ、現実に行われれば株主総会の3分の2以上の賛成が必要なので、投資家の存在感が増す事になります。
これまで、日本の企業経営者は、投資家の存在を無視し、銀行や、労働組合等の意向しか聞く意思はありませんでした。
経営者が、株式の持ち合いなどで、過半数の株の支配権は押さえていても、3分の2以上押さえている企業が多数あるとはとは思えません。
やはり、今後は投資家の存在を、意識せざるを得なくなると思います。
「三角合併」解禁は投資家にとっては、歓迎すべき事なのでしょう。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です