必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

13000ドル乗せ

NYダウ平均が急騰して、13,000ドル台に乗せました。
企業業績の好調や、経済指標が良い事を、理由に挙げていますが、どうも解説がピンと来ません。 (・・?!んっ??
大体、今時少しくらい経済指標が良いくらいで、新高値を買い上がる投資家など、そうは居ません。
新値を買い上がるのは、如何しても買わなければならない理由のある者です。
そしてそれは、オプション戦略や、先物などに形を変えてはいても、結論は先に売っている者で、言わば空売りの買戻しです。
現在の新値追いは、サブプライム問題を懸念して売った、空売り筋の「踏み上げ相場」と見るべきでしょう。
昨日は、東京市場は大幅な下げになってしまいましたが、これも同じ筋が、損失を埋めるための売りを、東京市場で出したと思っています。
「踏み上げ」を相場が強いと思って、付いていくと、大抵は酷い目に合います。
なぜなら、通常踏み上げが終った後の相場は、脱力した状態で、恐ろしいほど力なく下げます。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です