必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

信頼

新興市場の値下がりが止まりません。
折からの、業績下方修正や、監査の甘さから来る、決算数字そのものに対する、不信感も広まっているようです。
新興市場銘柄は元来、財務内容に厚みを欠く銘柄が多く、一旦不信感が広まると、中々止まりません。
しかし、業績の下方修正は兎も角、財務や、決算数字への不信感増大は、投資した会社の変化ではなく、投資家サイドの意識変化です。
変化が、投資対象である会社になく、投資家サイドにあるなら、問題も投資家にあります。
新興市場に限らず、投資を考えた時、一番重要なのは、経営者がコンプライアンス的に信頼できるか否かです。
企業に対する信頼とは、事業の進め方や、決算処理の方法、IRの出し方等で判断する事になります。
信頼できない経営者では、どれほど能力が有ろうとも、その能力は、投資家を欺く為に使われるだけです。
 
メモの主要銘柄の選別は、経営者が信頼できるか否か、からスタートしました。(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です