必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

関東天然瓦斯開発

過去何回か売り買いした結果、関東天然瓦斯開発(1661)を主要銘柄として、永久保有候補に加えました。
(リンクはネット投資界の天才プログラマーgotospeceさんのサイトお借りしました(^.^))
この銘柄は以前、少し書いた事がありますが、今は公判中の村上ファンドの村上氏が相当数を買い集め、3年前の株主総会で、会社側に特別配当を迫った銘柄です。
村上氏が、元通産官僚なのは有名ですが、この銘柄は官僚当時、村上氏の監督下にあったそうです。
これは、株主総会で、村上氏本人が、言っていたので間違いないでしょうが、監督者が買い占めを企てた訳ですから、会社サイドの反発は凄いものでした。
当時、平九郎も出席した総会で、村上氏は機関銃のようにまくし立て、増配を迫りましたが、当時の社長が嫌村上感情をあらわにして、壇上で仁王立ちしておりました。
その後同社は、東京電力をホワイトナイトに、村上氏を撃退した形となり、現在は東電が21.3%保有の関連会社となっています。
現社長は、その時、東電から招聘された、企画畑出身の元常務で「社長候補」と言われた佐竹誠と言う人物です。
バランスシートが多少でも分かる人なら、同社が強烈な金持ち会社なのは、すぐ分かります。
面白いのは、ホームページに、決算短信は開示されていても、より、資産内容が克明に分かる、有価証券報告書は、開示していない事です。
これは、金持ち会社に割と共通して見られるので、覚えておくと面白いです。
同社を、村上ファンドの村上氏本人の言を借りれば、
「こんなに金を貯めてどうするんだ」
 
と言う会社です。
ただし、今までは金がありすぎる為か、やる気のある会社とは言えませんでした。
しかし、現在の社長は、東電で社長候補とまで言われた佐竹社長です。
同氏が今年動かなければ、ただの隠居所となりますが、売上規模では、東電の100分の1以下の規模しかない同社で、楽隠居を決め込むには佐竹氏はエネルギーがありすぎる面構えです。
会社は、経営者で変わりますから、今回の買いは佐竹社長の今後に期待したものです。
この会社は、現在の生産量比600年分の埋蔵量といわれる天然ガス田を保有して居る事と、わが国が主要産出国となっている天然資源のヨードを産出する資源会社で、取引所開設当初より上場している名門企業です。
同社は、経営次第で利益も配当も飛躍的に、伸ばせる企業です。
3年前の株主総会で、村上ファンドの村上氏は、事業拡大の最大のチャンスが到来していると叫んでおりました。
これは平九郎も同意見で、同社は新しい経営者によって成長が期待できる、超金持ちの割安資源株の認識です。(^.^)

3 Comments

chiitake

カウンター100万越え、おめでとうございます!!
すごいですね♪
サーバートラブルを幾度となく乗り越え・・・(涙
これからも、平九朗さんの豊かさをシェアして
より豊かになってください!!

返信する
heikurou

chiitakeさん
有難うございます。
自分でも、まさか100万まで行くとは夢にも思っていませんでした。
100万ヒット記念レポート頑張りますね!
平九郎(^.^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です